このページでは、深く・ぐっすり眠れるサプリをランキング形式で紹介しています

  • 夜ぐっすりと深く眠れない
  • 朝起きても頭がスッキリしない

といった貴方の参考になれば幸いです。

深く眠れるサプリランキング

北の大地の夢しずく

夢しずく

北の大地の夢しずくの特徴は

  • 体内に直接、快眠に導く休息成分を送り込むという発想で誕生した休息サプリ
  • 北海道産アスパラガス抽出の休息成分誘発物質が肝
  • スティックに入ったドリンクタイプ
  • 継続しやすい価格設定

【原材料名】酵素処理アスパラガス抽出物、ギャバ、ホップエキス末、クワンソウエキス、トレハロース、グレープフルーツ果汁、果糖ブドウ糖液糖、クエン酸、安定剤(大豆多糖類)、香料、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ユッカ抽出物、L-テアニン

お値段 3ヶ月ごとお度けコース特別優待価格 1個あたり3221円
1日あたりのお値段 約107円から(コースによる)
評価

北の大地の夢しずくのまとめ


北の大地の夢しずくは、数々の健康食品や化粧品を手掛ける「北の達人コーポレーション」の睡眠サプリです。

負荷のかかった身体を癒すための休息サポート成分を、直接体へと送り込むことで、誰もが自然に休めるようなサプリメントに仕上がっています。

スティックに入ったグレープフルーツ味のドリンクタイプで飲みやすく、1日あたりわずか107円(※コースによる)と継続しやすい価格設定も魅力です。


潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

潤睡ハーブの特徴は

  • 植物由来の実感成分で休息をサポート
  • 必須アミノ酸クロレラを豊富に配合
  • イライラを抑える発酵ギャバを配合
  • ポカポカ成分金時しょうがを配合

【原材料名】クロレラ、アキノワスレグサ(クワンソウ)、ヒハツ抽出物、ラフマ葉抽出物、ギャバ、金時ショウガ、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6

お値段 通常価格5980円⇒初めての方限定!特別価格66%オフ1980円(税込み・送料無料)
1日あたりのお値段 66円
評価

潤睡ハーブのまとめ

潤睡ハーブは、休息を妨げる原因であるイライラの根源となる必須アミノ酸不足に着目して誕生した休息サプリです。

良質なアミノ酸を含んだ素材を厳選しバランスよく配合することで、必須アミノ酸の働きが充分に行き届くように作り上げられました。

始めやすい価格設定になっていて、もしもの場合の10日間安心返金保証があるので、気軽に安心してお試し出来るサプリだと思います。


マインドガードDX

起立性調節障害

マインドガードDXの特徴は

  • セロトニン不足を補うための必須アミノ酸を、豊富にバランスよく配合した睡眠サプリ
  • 安心して飲める休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールが入っている
  • 素材を活かすドリンクタイプのサプリメント
  • 素材が吸収しやすく・量も多い。そして美味しい

【原材料名】モリンダシトリフォリア(ノニ果汁)、イヌリン(食物繊維)、エリスリトール、クワンソウエキス、香酢末(米酢、デキストリン)、ギャバ、赤葡萄エキス末(トランス-レスベラトロール含有)、グリシン、L-トリプトファン、ビタミンC、クエン酸、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12

値段 お試しセット特別価格 通常価格8,625円⇒約22%オフ6,810円(税込・送料・手数料無料)
1日あたりの値段 227円
評価

マインドガードDXのまとめ


マインドガードDXは、心のバランスをケアするために必要な成分である「セロトニン」の低下によって引き起こされる休息不足に着目して誕生したサプリメントです。

セロトニン不足を補うための必須アミノ酸全9種類と最高級濃度のノニをたっぷり配合、さらにリラックスハーブである天然のモリンダシトリフォリアやクワンソウも濃厚に配合してあります。

飲みやすいドリンクタイプで、子供でも手軽に摂取出来るので続けやすいサプリと言えるでしょう。

あなたは深く眠れてる?睡眠度をチェック!

なんだかぐっすり寝た気がしない、寝ても疲れが取れないという方は浅い眠りになっている可能性があります。

下記に眠りの深さに関する項目がありますので、是非チェックしてみてください。

  • 以前よりも寝付くのに時間がかかる
  • 最近、いったん眠りについても、翌朝起床するまでの間に何度も目が覚めることがある。
  • 睡眠時間は確保できているが、眠りが浅く十分眠った感じがしない。
  • 注意力や集中力、記憶力が低下し、仕事や勉強、家事など、日常の生活に支障をきたしている。
  • 気分がイライラしたり、落ち着かなかったりする
  • 日中に急激な眠りに襲われそうになることがある
  • 起きたときに頭痛、肩こり、胃腸の痛みなど体の不調がある
  • 昼夜のメリハリがつかず、眠る時間が不規則だ。
  • 眠気が起きるため、仕事や勉強、家事など、日常の生活に支障をきたすことがある。
  • よく眠れないため、また眠れないのではないか、など睡眠のことが気がかりで心配になる。

いかがでしょうか。

あてはまる項目が多い方は、深く眠れていない可能性が高いです。

浅い眠りから解放されてぐっすり眠れるようになるためにも、今からでも改善する必要があります。

睡眠のしくみは?

人の眠りには、浅い眠りの「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」の2種類があります。

通常、眠りに入った直後に深い眠りであるノンレム睡眠に入り、その後、約90分経つとレム睡眠になり、また約90分のノンレム睡眠に入るというサイクルが繰り返されます。

例えば、8時間睡眠の場合、一晩にノンレム睡眠とレム睡眠を4~5回繰り返しています。

この二つの眠りの大きな違いは、眠りの深さと何を休ませているかです。

人は眠りにつくと、すぐに深い眠りであるノンレム睡眠に入ります。

ノンレム睡眠では、脳が休んでいる状態になり、身体の筋肉は動く状態です。また、基本的に夢は見ず、目は動きません。

一方、レム睡眠時は、目が動く代わりに身体の力が抜け、身体が休んいる状態になります。

この時、脳は働いており、記憶の情報処理などが行われているといわれています。

このノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルが崩れ、深い眠りであるノンレム睡眠が取れないと、夢ばかりを見て「寝疲れ」や「ぐっすり寝た気がしない」等が生じてきます。

つまり、質の良い睡眠とは、ノンレム睡眠とレム睡眠のめりはりがしっかりと移行されていて、サイクルが一定で安定している状態の睡眠のことです。

特に睡眠の初期段階であるノンレム睡眠がしっかり取れていると、質の良い睡眠になりやすいと言われています。

深く眠るために必要なものは?

快適な睡眠は、毎日の食事を中心とした生活習慣によって大きく決まります。

質の良い睡眠を助ける栄養素下記のものがあげられます。

トリプトファン

必須アミノ酸のひとつで、体内で合成することのできない必須栄養素です。

このトリプトファンは脳に運ばれると、鎮痛、催眠、精神の安定などの効果がある「セロトニン」という脳内物質をつくる原料となります。

セロトニンには睡眠ホルモンである「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌を促す働きがあります。

夕食時や夜にトリプトファンが豊富に含まれる食品を上手に取り入れましょう。

トリプトファンが豊富に含まれる食品は、アーモンド、プロセスチーズ、ひまわりの種、納豆、たらこ等があげられます

また食事は寝る2時間前には済ませ、胃の中を空っぽにしておくことが大切です。

ビタミンB6類

先程のトリプトファンだけでは、セロトニンにはなりません。セロトニンの合成するためには、ビタミンB6が必要になります。

ビタミンB6とトリプトファンが合わさり、セロトニンが作られます。

ビタミンB6が豊富に含まれる食品は、にんにく、レバー、まぐろ、かつお、バナナ等があげられます

GABA

リラックスして睡眠の質を向上させる栄養素です。

体の中では、神経の興奮を抑制する神経伝達物質として活躍します。

また、脳に働きかけて成長ホルモンの分泌を促し、内臓疲労の改善、睡眠の改善・促進、記憶・気力・気分の改善等、老化に伴う現象を改善させると言われています。

GABAを多く含まれる食品は、玄米、緑茶、トマト、アスパラガス、かぼちゃ等。最近では、そのリラックス効果が注目され、お菓子にGABAの成分が入っているものも発売されています。)

深い眠りを確保するためにも、これらの栄養素が含まれる食品を積極的に摂取して健康的に生活を送りたいですね。

深く眠れるとこんな良い影響が!

睡眠には深い眠りであるノンレム睡眠と浅い眠りであるレム睡眠の2つがあるとお伝えしましたが、深く眠りにつくには、このノンレム睡眠が影響します。

ノンレム睡眠中は、脳が休んでいる状態です。

脳は活動している間、非常に多くのエネルギーを要するので、休ませるために必要なのがノンレム睡眠です。

ノンレム睡眠中は、話しかけたり、ゆすっても起きないくらいぐっすり眠っている状態です。

この、深い眠りについている状態の時に実は私達の体や心に下記のような嬉しい効果があります。

深いノンレム睡眠の時には、嫌な記憶を消去する効果があります。

逆を言えば、ノンレム睡眠をしっかりとれないと、起きている間に起きた嫌な記憶が消去されず、

目覚めても不快感が残ったままで、精神的に癒されないといわれています。

ノンレム睡眠がない短時間睡眠で済ましてしまうと、日中、練習したことの記憶が定着せず、身につきづらいといわれています。

成長ホルモンには、肌細胞の生まれ変わりを活発にする力があり、美肌効果が見込めます。

風邪の時のノンレム睡眠では、回復を促すホルモンが出やすくなり、体はより早く快方へと向かいます。

質の良い深い眠りをとることは私達にとって様々な良い効果をもたらしてくれます。

次では各テーマごとに、質の良い睡眠をとることによる効果をお伝えします。

健康面

ぐっすりと質の良い睡眠をとると素晴らしい効果があります。

まずは、何と言っても健康面での効果です。睡眠を取らないと私達は、生きていけません。

それは、私達の体と睡眠が切っても切れない関係があるからです。

睡眠には、疲労回復の効果があります。

睡眠時に分泌される成長ホルモンが体の細胞の新陳代謝を促し、疲れた体組織を修復・再生するように作用します。

古くなったり、傷ついた細胞を治してくれる働きをしてくれるのです。

この成長ホルモンの分泌は、眠りの深さに関係しています。より多くの成長ホルモンを分泌させるためには、良質な睡眠をとれているかにかかっているのです。

また、質の良い睡眠をとることにより、免疫力向上が見込まれます。

睡眠を促すホルモンのメラトニンも睡眠時に分泌され、免疫力をあげる作用があります。

睡眠時に血液中の白血球・赤血球・リンパ液が作られることにより、体の免疫力を高められるのです。

これらは、質の良い睡眠をすることで、効果が高まります。逆に言うと質の悪い睡眠になると、体が疲れやすく回復せずに病気になりがちになってしまう可能性があります。

良質な睡眠がいかに私達の体にとって大切かが分かりますね。

精神面

私達の心にとっても睡眠は大きな影響をもたらします。

ぐっすり眠れた次の日の朝は、気分も優れて気持ちよく一日が始まりますよね。

逆に寝ていたのに、起床時に疲れているとそれだけで、ブルーになったりします。

では、私達の精神面において、睡眠はどのような作用をするのでしょうか。

それは、良質な睡眠はストレス耐性の向上とストレスの緩和の効果があります。

眠り始めの深い眠りの時に分泌されるプロラクチンというホルモンはストレス耐性を増加させたり、身体を回復する作用があります。

健康面でも述べた成長ホルモンと共に、プロラクチンが身体中に行き渡る事でストレス耐性が向上し、体の疲れが取れやすくなります。

また、イライラの原因である不安感や不快感等は、大脳のニューロンが興奮することにより起こるといわれています。

睡眠により脳を休ませることで、ニューロンの興奮を抑えて修復されるので、質の良い睡眠をする事でストレス緩和にも効果があります。

眠りが浅いとこの、ニューロンの興奮が抑えられずストレスが溜まった状態になってしまいます。

そして、もう一つの嬉しい効果が集中力が高まる事です。

人間の行動を司り、指令を出す大脳は、起きているときにはフル活動しています。

質の良い睡眠で、大脳を十分に休ませてあげることで、集中力が高まり、さらに脳機能の向上につながります。

良質な睡眠をとって、心穏やかに活き活きと日々を過ごしたいですね。

美容面

良質な睡眠は、健康面と精神面だけではなく、美容面でも嬉しい効果をもたらしてくれます。

寝不足だと、肌荒れしたり、クマがひどかったりしませんか。これにも睡眠のメカニズムが関係しているのです。

肌には、ターンオーバーという仕組みがあり、皮膚を健康に美しく保つために、とても大切な仕組みです。

肌には大きく分けると外側から、外部から受ける刺激から体を守る表皮、表皮を支える真皮、外部からの力等から体を守る皮下組織の三層から成り立ちます。

ターンオーバーとは、表皮の新陳代謝のことです。

つまり、新しい細胞が生まれて古い肌が剥がれ落ち肌が生まれ変わる仕組みのことをいいます。

成長ホルモンには、肌のターンオーバーを促す作用があります。

良質な睡眠は、成長ホルモンを多く分泌させて、新陳代謝がよくなるため、肌荒れやニギビ、クマ等の肌のトラブルが改善されて、私達の肌を美肌へと導いてくれます。

この美容に働きかける成長ホルモンは夜10時から深夜2時の間に最も多く分泌されるため、この時間に眠るのが美容に良いとされ、よくゴールデンタイムと呼ばれています。

中々この時間に眠ることは難しいかもしれませんが、お休みの日等は早めに就寝することで美肌に嬉しい効果があるのでオススメです。

睡眠不足がもたらす怖い病気や症状とは?

私達の健康と心、更には美容にまで影響する大切な睡眠ですが、寝る時間が不足すると様々な不調がおこります。

下記に代表的な症状を紹介しますんw。

骨粗鬆症のリスクを高める

睡眠不足が続いて慢性的になると骨の修復を妨げ、骨を非常に脆くしてしまいます。実際によく寝ている人の方が寝不足の人より骨密度が高いと示されています

貧弱になり、ストレス耐性が低くなる

寝不足だと、免疫力が落ちるため身体的にも精神的にも弱くなります。

特にストレスに対して耐性が落ちるため、後にストレスにより重大な疾患が現れることもあります)

不整脈を引き起こす

睡眠不足によるストレスで、全身の筋肉が常に緊張している状態になります。

その結果、体に負担をかけ、心臓の規則的なリズムを乱す不整脈が起こりやすくなります。

心臓病になりやすくなる

睡眠不足によるストレスは心臓発作を起こすような様々なホルモンを分泌させます。

実際に、睡眠不足の人は、睡眠をとっている人に比べ、半分近くも心臓病の羅患率が高くなることが報告されています。

命に関わる病気から精神面でのダメージまで睡眠不足が引き起こす恐ろしい症状は私達にとって深刻な問題です。こうならないためにも、日頃から睡眠について考えて、良質な睡眠をとるように心掛けましょう。

更新日:

Copyright© 深く眠れるサプリ|素晴らしい!ぐっすり眠れ爽快に起きれること , 2018 All Rights Reserved.